価格について考える

相談する夫婦

社会人になった時や結婚をした時、子供が生まれた時などの人生の節目に医療保険に加入をすることが多いです。その選び方は人によって違うので安い医療保険に加入している人もいれば高額な保険料を支払っている方もいます。 現在の平均的な保険料は月に1万円から2万円程度支払っている方が半数を超えています。また年齢が若い時から加入していると保険料が安くなることもあり、10代後半から月1万円程度払い続けている方もいます。3万円以上の保険料を払っている人の割合も3割近くあるので日本人は毎月医療保険に多くのお金をかけていることが言えます。 しかし、実際にこの平均値くらいの掛け金を支払う必要があるのかはその人のライフスタイルによって異なってくるのできちんとした選び方を学ぶことが重要です。

次に医療保険の価格の傾向について説明をします。以前は一人1万円以上の保険は一般的であった時代もありました。しかし、現在では割安な医療保険も増加しています。この理由の一つとしてインターネットを利用した商品が人気を集めているからです。ネット上では保険の選び方まで説明してくれており、店舗や多くの人件費が必要としないため保険料がかなり割安で若い人達が契約をしています。 また近年は保険の選び方について教えてくれるファイナンシャルプランナーの方がいて個人に適した医療保険をアドバイスしてくれます。これにより保険にかける費用の負担は下がっています。 今後もさらに通販型の保険商品は増加していくことが考えられるため、その価格は下がる傾向が予想されます。